多治見市美濃焼タイル振興協議会 オフィシャルサイト

 2011年6月27日、「笠原美濃焼振興協議会」は「多治見市美濃焼タイル振興協議会」に名称変更になりました。
 笠原町は茶碗、美濃焼タイルの町として歴史を重ねてまいりました。
市町合併後、多治見市においても地場産業のひとつに美濃焼タイルが位置づけられました。多治見市のメーカー、商社は、多治見市長以下行政と連携を行い、タイルの振興発展、タイルの需要喚起、PRに努めていきます。
多治見市の地場産業としての美濃焼タイルとして、 よりタイルを中心とした活動を行っていく事を宣言し、「多治見市美濃焼タイル振興協議会」として活動していきます。今後とも美濃焼タイルをよろしくお願い致します。



国際陶磁器フェスティバル美濃’21主催イベントの1つ「未来のタイル・コンペティション」高校・高専部門の「タイルデザイン甲子園」では、皆様の自由な発想による斬新なタイルのデザインを募集します。   
特に優れた作品は実際にタイルとして試作し、国際陶磁器フェスティバル美濃’21の会場内で全ての応募作品と共に展示します。    

【応募資格】応募時点において、高等学校・高等専門学校等に所属する学生  
【応募方法】郵送または持参   
【募集期間】令和3年4月1日-5月21日(必着)     
【結果発表】6月上旬にホームページに掲載(受賞者へは別途ご連絡します)

【応募先・お問合せ先】  
  〒507-0801 岐阜県多治見市東町4-2-5  
  国際陶磁器フェスティバル美濃実行委員会「未来のタイル・コンペティション」係   
  電話:0572-25-4111 FAX:0572-25-4138  
  電子メール:info@icfmino.com"   


フェスの募集詳細はこちら
https://www.icfmino.com/outline/event/detail.php?id=51

モザイクタイルミュージアムならこちら
https://www.mosaictile-museum.jp/event/tile_competition21/
アーカイブ | RSS |
投稿者 : masa 投稿日時: 2021-10-29 20:55:14 (27 ヒット)

詳しくは ↓↓↓ をクリック



1、タイルが彩る空き家再生〜広島県尾道市
古民家を再生したゲストハウスやカフェでの多様なタイル使い。

2、名古屋モザイク工業デザインアワード
第6回となる施工事例のコンテスト。入賞作品を紹介します。

3、モザイク展2021
隔年で開催しているモザイク展。入賞作品と審査委員コメントを紹介します。


投稿者 : masa 投稿日時: 2021-08-28 10:14:10 (111 ヒット)

詳しくは ↓↓↓ をクリック



1、タイルのまち・笠原界隈のショールームめぐり
笠原にあるメーカー、商社のショールームを紹介する不定期連載。今回は4社を紹介。

2、多治見市モザイクタイルミュージアム開館5周年記念展 モザイクタイルミュージアムができるまで
多様な収蔵品から、開館までの歩みを振り返る企画展。

3、INAXライブミュージアム企画展
DISCONNECT/CONNECT 【ASAO TOKOLO×NOIZ】幾何学紋様の律動、タイリングの宇宙

美術家・野老朝雄氏と建築デザイン事務所「noiz」による企画展。


投稿者 : masa 投稿日時: 2021-04-02 12:07:27 (220 ヒット)

詳しくは ↓↓↓ をクリック



1、「建築・建材展〜セラミックタイル美濃2021」
2年ぶりの開催となった建築・建材展。出展した15社のブースを紹介します。

2、「タイル考〜陶芸の視座より 多治見市モザイクタイルミュージアム企画展」
3月20日から開催した企画展では、陶芸作家たちが「タイル」をテーマとした作品を寄せています。


投稿者 : masa 投稿日時: 2021-02-12 11:24:17 (285 ヒット)

詳しくは ↓↓↓ をクリック



1、「変わりゆく名古屋を描いて」ザ タワーホテル ナゴヤのモザイクタイル壁画
名古屋テレビ塔内のホテルのフロントを飾るモザイクタイル壁画。制作者の杉戸洋さんがそこに込めた思いとは−−? ホテルの女将に聞きました。

2、「建材として、職業としてのタイルの魅力を伝えたい」
原田左官工業所がオープンした「タイルギャラリー」を訪ねました。

3、INAXライブミュージアム「世界のタイル博物館」リフレッシュオープン!
新しい展示や注目のタイルを紹介します。


投稿者 : masa 投稿日時: 2020-12-13 11:04:53 (1680 ヒット)

詳しくは ↓↓↓ をクリック



みのEDO220号 タイル金型の企画展/竜のタイル壁画ほか

1、企画展「金型の精緻・精巧美の世界」多治見市モザイクタイルミュージアム ヒンドゥー教の神々を描いた美しい金型が、インドへ、そしてタイルの歴史へと誘います。

2、アートが生み出すタイルの新機軸「TAJIMI CUSTOM TILES TOKYO 2020」 世界的なアーティストが多治見のタイルとコラボレーションしました。

3、タイル壁画「青竜」でコロナ収束を願う! BAMBOO EXPO 14 多種多様なタイルでつくられた竜の壁画が登場!業界16社で組織されたグループTILING WORLDが制作しました。

4、ジャパンホームショー開催!〜全国タイル工業組合の出展ブース「CERAMIC TILE PLAZA」〜 23社の新作タイルパネルを紹介します。


(1) 2 3 4 ... 8 »