多治見市美濃焼タイル振興協議会 オフィシャルサイト

 2011年6月27日、「笠原美濃焼振興協議会」は「多治見市美濃焼タイル振興協議会」に名称変更になりました。
 笠原町は茶碗、美濃焼タイルの町として歴史を重ねてまいりました。
市町合併後、多治見市においても地場産業のひとつに美濃焼タイルが位置づけられました。多治見市のメーカー、商社は、多治見市長以下行政と連携を行い、タイルの振興発展、タイルの需要喚起、PRに努めていきます。
多治見市の地場産業としての美濃焼タイルとして、 よりタイルを中心とした活動を行っていく事を宣言し、「多治見市美濃焼タイル振興協議会」として活動していきます。今後とも美濃焼タイルをよろしくお願い致します。
アーカイブ | RSS |
展示会レポート
展示会レポート : セラミックタイル美濃2019に出展
投稿者 : masa 投稿日時: 2019-06-06 15:51:18 (812 ヒット)

3月5日(火)?8日(金)の4日間、「建築・建材展 2019」(第25回)が、東京ビッグサイト(東京都江東区)にて開催されました(主催:日経新聞社)。

各種建材や設備機器、ソフトウェア、工法などを幅広く紹介する建築総合展で、今年の出展企業数は312社(出展小間数735小間)。本展示は「日経メッセ 街づくり・店づくり総合展」の一部で、商空間のデザインの情報を発信する「JAPAN SHOP」など5つの展示会と特別企画等を同時開催。会期中は20万人以上の来場者を集めました。

「セラミックタイル美濃2019」(主催:岐阜県・多治見市美濃焼タイル
振興協議会)のテーマは「THE TILE TRIP」。「タイルの街を旅する」
というコンセプトにより、ビルを彷彿とさせる複数の造形物を配置
し、タイルで彩られた街を表現しました。
 各ブースでは、18社が新製品や試作品を発表しました。

詳細はこちらをクリック















印刷用ページ