多治見市美濃焼タイル振興協議会 オフィシャルサイト

 2011年6月27日、「笠原美濃焼振興協議会」は「多治見市美濃焼タイル振興協議会」に名称変更になりました。
 笠原町は茶碗、美濃焼タイルの町として歴史を重ねてまいりました。
市町合併後、多治見市においても地場産業のひとつに美濃焼タイルが位置づけられました。多治見市のメーカー、商社は、多治見市長以下行政と連携を行い、タイルの振興発展、タイルの需要喚起、PRに努めていきます。
多治見市の地場産業としての美濃焼タイルとして、 よりタイルを中心とした活動を行っていく事を宣言し、「多治見市美濃焼タイル振興協議会」として活動していきます。今後とも美濃焼タイルをよろしくお願い致します。



国際陶磁器フェスティバル美濃’21主催イベントの1つ「未来のタイル・コンペティション」高校・高専部門の「タイルデザイン甲子園」では、皆様の自由な発想による斬新なタイルのデザインを募集します。   
特に優れた作品は実際にタイルとして試作し、国際陶磁器フェスティバル美濃’21の会場内で全ての応募作品と共に展示します。    

【応募資格】応募時点において、高等学校・高等専門学校等に所属する学生  
【応募方法】郵送または持参   
【募集期間】令和3年4月1日-5月21日(必着)     
【結果発表】6月上旬にホームページに掲載(受賞者へは別途ご連絡します)

【応募先・お問合せ先】  
  〒507-0801 岐阜県多治見市東町4-2-5  
  国際陶磁器フェスティバル美濃実行委員会「未来のタイル・コンペティション」係   
  電話:0572-25-4111 FAX:0572-25-4138  
  電子メール:info@icfmino.com"   


フェスの募集詳細はこちら
https://www.icfmino.com/outline/event/detail.php?id=51

モザイクタイルミュージアムならこちら
https://www.mosaictile-museum.jp/event/tile_competition21/
アーカイブ | RSS |
投稿者 : masa 投稿日時: 2019-04-06 10:53:37 (820 ヒット)

詳しくは ↓↓↓ をクリック
東京-笠原情報誌 みのEDO 211号をアップしました

4月も間近となり、桜の花も日に日にほころび、春の到来を感じます。

1、建築建材展/セラミックタイル美濃2019
「THE TILE TRIP でかけよう、タイルの旅へ−−」を掲げた、美濃焼タイルのテーマブースと、各社の展示ブースを紹介します。

2、地下鉄の駅の壁や床か?チョコレートに!「Toei Detail」
発売が発表されたとたん、SNSで話題をさらったチョコレート。なんと駅の壁や床をモチーフにしています。連日すぐに完売と聞かれる中、がんばって(?)手に入れました。


投稿者 : masa 投稿日時: 2019-03-25 17:57:13 (1226 ヒット)

詳しくは ↓↓↓ をクリック
東京-笠原情報誌 みのEDO 211号をアップしました

1、特別展「PATTERN SEED 〜漂う未来模様〜」
多治見市モザイクタイルミュージアムで開催中の、アーティスト・グセアルスによる特別展をレポート。陶磁器の欠片から生まれた多様な模様(パターン)が過去へ未来へと誘います。

2、タイルのあるお店にいこう・浅草編「まるごとにっぽん」
東京・浅草の六区にある商業施設。各階でタイルをはじめとし、様々な建築材料と技法を施した店内を紹介。

3、美濃焼タイル女子会主催「美濃焼タイル展」
名古屋モザイク工業・名古屋ショールームで開催した展示の様子を紹介。美濃焼女子会代表の古田由香里社長(丸万商会)にお話を聞きました。

4、「ルート・ブリュック 蝶の軌跡展」
4月27日〜フィンランドを代表するアーティストの展覧会が開催されます。深みのある色合いの陶板や壁画作品には、タイルを用いたものもあります。


投稿者 : masa 投稿日時: 2019-02-12 12:44:49 (715 ヒット)

東京 笠原情報誌 みのEDO 209号、210号、アップしました。

<210号内容>
1、和製マジョリカタイル展開催
INAXライブミュージアム(愛知県常滑市)で開催中の「和製マジョリカタイル展−憧れの連鎖」をレポートしました。併せてマジョリカタイルに出合える場所を訪ねました。

2、談話「誰もがくつろげ交流できる空間に」
東京・浅草「BUNKA HOSTEL TOKYO/居酒屋ブンカ」の企画設計を担当した、菓子麻奈美さんにタイルを用いた空間づくりについてお聞きしました。


投稿者 : masa 投稿日時: 2018-12-12 11:11:43 (595 ヒット)

東京 笠原情報誌 みのEDO 208号、アップしました。

1、多治見市モザイクタイルミュージアム
特別展「まちかどの近代建築写真展」〜タイルに出会う旅
展示の概要と、関連企画の町歩きツアー「たじみ・近代建築めぐり」、ギャラリートーク「津波に耐えたタイルの館」の様子をレポートしました。

2、名古屋モザイク工業 DESIGN AWARD 2018 表彰式開催
金賞〜銅賞までの受賞作品を紹介するとともに、表彰式の様子をレポートしました。

多治見市美濃焼タイル振興協議会より委嘱を受けまして、関が担当させていただきました。




「みのEDO」は来年3月までに、あと4回配信させていただく予定です。


投稿者 : masa 投稿日時: 2018-04-06 14:09:18 (742 ヒット)

東京 笠原情報誌 みのEDO 206号、アップしました

建築・建材展セラミックタイル美濃 2018
CERAMIC TILE OFFICE「働き方“快”革」

3月6日(火)?9日(金)の4日間、「建築・建材展2018」(第24回)が、東京ビッグサイト(東京都江東区)にて開催された(主催:日経新聞社)。各種建材や設備機器、ソフトウェア、工法などを幅広く紹介する。

建築総合展で、今年の出展企業数は248社(出展小間数686空間)。本展示は「日経メッセ 街づくり・店づくり総合展」の一部で、商空間のデザインの情報を発信する「JAPAN SHOP」など5つの展示会と1つの特別企画を同時開催。

会期中は19万人以上の来場者を集めた。


« 1 2 (3) 4 5 6 7 »