多治見市美濃焼タイル振興協議会 オフィシャルサイト

 2011年6月27日、「笠原美濃焼振興協議会」は「多治見市美濃焼タイル振興協議会」に名称変更になりました。
 笠原町は茶碗、美濃焼タイルの町として歴史を重ねてまいりました。
市町合併後、多治見市においても地場産業のひとつに美濃焼タイルが位置づけられました。多治見市のメーカー、商社は、多治見市長以下行政と連携を行い、タイルの振興発展、タイルの需要喚起、PRに努めていきます。
多治見市の地場産業としての美濃焼タイルとして、 よりタイルを中心とした活動を行っていく事を宣言し、「多治見市美濃焼タイル振興協議会」として活動していきます。今後とも美濃焼タイルをよろしくお願い致します。



国際陶磁器フェスティバル美濃’21主催イベントの1つ「未来のタイル・コンペティション」高校・高専部門の「タイルデザイン甲子園」では、皆様の自由な発想による斬新なタイルのデザインを募集します。   
特に優れた作品は実際にタイルとして試作し、国際陶磁器フェスティバル美濃’21の会場内で全ての応募作品と共に展示します。    

【応募資格】応募時点において、高等学校・高等専門学校等に所属する学生  
【応募方法】郵送または持参   
【募集期間】令和3年4月1日-5月21日(必着)     
【結果発表】6月上旬にホームページに掲載(受賞者へは別途ご連絡します)

【応募先・お問合せ先】  
  〒507-0801 岐阜県多治見市東町4-2-5  
  国際陶磁器フェスティバル美濃実行委員会「未来のタイル・コンペティション」係   
  電話:0572-25-4111 FAX:0572-25-4138  
  電子メール:info@icfmino.com"   


フェスの募集詳細はこちら
https://www.icfmino.com/outline/event/detail.php?id=51

モザイクタイルミュージアムならこちら
https://www.mosaictile-museum.jp/event/tile_competition21/
アーカイブ | RSS |
投稿者 : masa 投稿日時: 2018-03-25 14:04:53 (710 ヒット)

東京 笠原情報誌 みのEDO 205号、アップしました

ようこそ、心躍るカラフルな空間へ

「タイルのあるお店にいこう」

壁に、床に、天井に…。
タイルが張ってあると、「いいお店に違いない」と、ついひいき目に見てしまう。

今流行りのコンクリートと白の空間もいいけれど、様々なタイルが使われた空間は色彩豊かで楽しい。そんなタイルの魅力を伝えるお店をご紹介。

まずは多治見市笠原町にあるお店から--


投稿者 : masa 投稿日時: 2018-02-25 14:01:41 (733 ヒット)

東京 笠原情報誌 みのEDO 204号、アップしました

?笠原モザイクタイルの先駆、山内逸三の学び舎?
多治見市モザイクタイルミュージアムでは、2017年12月から特別展「陶磁器試験所と近代の建築装飾」を開催中(3月4日まで)。1月27日(土)には関連企画「名古屋近代建築観察会」として、名古屋市栄区を中心に街歩きを実施した。展示と観察会の様子を紹介する。


投稿者 : masa 投稿日時: 2018-01-20 13:08:23 (708 ヒット)

東京 笠原情報誌 みのEDO 203号、アップしました

2017年11月15日(水)?17日(金)、東京ビッグサイト(東京都江東区)において、建材・部材、インテリア、免震技術、設備・システムなど、住まいに関する製品や情報に関する展示会「Japan Home & Building Show 2017」が開催された(主催:一般社団法人日本能率協会)。

「第39回ジャパンホームショー」とともに、新規の「団地・マンションリノベーション総合展」や、昨年に続く「第12回ふるさと建材・家具見本市」「第2回トイレ・バス・キッチン空間・設備フェア」などを合同開催。また「店舗・空間商業空間デザイン展」「The 36th JAPANTEX 2017」(国際インテリア見本市)などが同時開催された。来場者数は41,576名。

毎年出展している全国タイル工業組合の「セラミックタイルプラザ」を中心
に紹介する。


投稿者 : masa 投稿日時: 2017-12-25 12:53:18 (726 ヒット)

東京 笠原情報誌 みのEDO 202号、アップしました

名古屋モザイク工業 DESIGN AWARD 2017授賞式開催!

岐阜県多治見市の総合タイルメーカー・名古屋モザイク工業(株)は、タイルを使用した施工事例を募集し、コンテストを開催した(6月30日締め切り)。昨年に続き、第2回となる今回は、応募総数が328件(非住宅部門111件、住宅部門217件)。一次審査でそれぞれ47件、67件が選出され、審査員により金賞・銀賞・銅賞・入賞・特別賞の12作品が選ばれた。

10月13日(金)には大阪ショールームにて授賞式が開催された。受賞作品を紹介するとともに、式の様子をレポートする。


投稿者 : masa 投稿日時: 2017-10-01 12:49:06 (608 ヒット)

東京 笠原情報誌 みのEDO 201号、アップしました

タイルがつなげる 現在・過去・未来
〜石巻市、女川町、仙台市

東日本大震災から早6年。タイルをキーワードに、復興が進む宮城県の町を訪ねました。


« 1 2 3 (4) 5 6 7 »